石狩スキー連盟

・・・・・<Ski Association of Ishikari Official Website>・・・・・   石狩スキー連盟の活動を紹介


準指養成講習会


平成31~32年度 石狩スキー連盟役員改選のお知らせ

 次年度は役員改選の年度となります。規約に基づき役員選考委員会を立ち上げ、新年度の役員改選を進めてまいります。役員に立候補される方は、事務局長(駒形)まで連絡をください。なお立候補の締め切りは、6月30日までとします。
役員選考については役員選考委員会で協議調整を行い、総会で承認を得ることになります。

・会長(1) ・副会長(若干名) ・理事長(1) 
・事務局長(1) ・事務局次長(2) ・会計(1)
・企画部長(1) ・強化教育部長(1) ・指導研修部長(1)
・会計監査(2)

第55回全日本スキー技術選手権大会 応援に行ってきました


 3月11日、全日本スキー技術選手権大会応援バスツアーが行われました。今回は13名の方が参加されました。現地では、数日前から会場入りしていた「井山ガールズ」の皆さんとも合流して元気いっぱい応援してきました。
 今回の大会には、本連盟から3名の方が選手(1名が控え選手)として出場されました。榊原千尋さんと、福岡義隆さんは、初出場にもかかわらず、決勝まで進まれました。決勝を勝ち抜いた上位選手によるスーパーファイナルでは、わが石狩スキー連盟の井山敬介選手が滑りましたが、その滑りはまさに圧巻でした。
 控え選手の伊藤亜美さんは、スーパーファイナルのフォアランナーとして素晴らしい滑りを見せてくれました。来年が楽しみです。
 

石狩市民スキー大会2018 写真共有サイトのお知らせ


 2月4日(日)に実施された「第20回 石狩市民スキー大会」の写真を、ご覧いただいたり、ご希望の写真をダウンロードしていただくためのURLを下のリンクでお知らせします。
 記載のURLを開くことで、Google Photoにアップロードした「第21回 石狩市民スキー大会」の共有アルバムに、スマホやPCからアクセスすることができます。
 写真は1910枚あります。連写による連続写真がたくさんあります。ただ、私の移動中などに滑っていった選手の写真は残念ながら写せなかったので、写真がない方もいると思います。そこはお許しください。
 サイズは、FullHDの1920×1080まで圧縮しています。
 ダウンロード等の操作は、同WEBページ内にある説明などをご利用ください。
              (副会長 石黒隆一)

2017-2018シーズンに向けて総会と研修会を実施


2018シーズンに向けた登録会と総会を、10月9日・体育の日に石狩市花川北コミュニティセンターで行いました。
また、総会に先立って、研修会を行いました。
講師は、本連盟所属で、ジャパンフリースタイルスキーハーフパイプ女子トレーナーの藤本隆靖さんです。


藤本さんは、ピョンチャンのプレオリンピックの様子や世界選手権で優勝した小野塚彩那選手の活躍の秘密などを、豊富な写真で紹介してくれました。
さらに、スキージャーナル10月号に執筆した「身体の実力、測りませんか?オフトレ検定」の内容を通して、「怪我をしない体づくり」のポイントを説明してくれました
最後に、スキーが上手になる方法として、練習目標、シーズンの達成目標など、目標の大切さを力説されていました。

石狩スキー連盟の活動

 本連盟は、スキーの健全なる普及発展を期し、地域住民の体力向上を図り、併せて加盟団体及び関係団体との調整を図るため、下記の事業を行っています。

  1、市民のスキー振興・普及のための事業
  2、加盟団体の発展に対する支援、及び相互の連絡融和
  3、競技会・研修会・講習会・検定会及び会員親睦行事等の主催・共催及び後援
  4、その他、本連盟の目的に必要な事業

地域貢献として、石狩サーモンマラソンに協力(9月3日)

2017.9.03(日) 第37回サーモンマラソンが開催されました。当日の大会参加者は1000名以上となり、沿道を取り巻く市民から盛んな声援が送られました。当日は、企画部の協力呼びかけに応じて、15名の方が運営協力者として集まりました。参加選手の受付・昼食の配布・記録写真の撮影・大会終了後の後始末等々精力的に活動しました。ご協力いただきました方々にお礼申し上げます。


最新のニュース

2018.05.14
new平成31年~32年度 連盟役員改選のお知らせ
2018.03.12
「第55回全日本スキー技術選手権大会」応援バスツアーに行ってきました。
2018.02.03
「全日本スキー技術選応援バスツアー」の募集要項を掲載しました!(指導研修部)
2018.01.30
デモ講習会②(関仁美デモ)の開催日が変更になりました。(指導研修部)
2018.01.17
第21回 石狩市民スキー大会の開催要項・申込書 を掲載しました。(企画部)
2018.01.15
「認定スキー指導員養成講習会のお知らせ」を掲載しました。    (強化教育部)new
2018.01.14
デモ講習会①「コブ基礎」の募集要項を掲載しました!(指導研修部)
2017.11.26
12/23に予定していた初滑り会は、都合により中止となりました。(指導研修部)
2017.11.26
1/20冬季会員研修会の時間が変更になりました。(指導研修部)
2017.11.22
全日本スキー技術選応援バスツアーの参加費が決まりました。(指導研修部)
2017.10.15
指導者養成講習会開講式・SKIシーズンイントレーニングの日程が決まりました。(事務局)
2017.09.01
2018年度 石狩スキー連盟総会開催 日時 2017.10.09 13:30~ 場所 花川北コミセン(事務局)
2017.10.15
ホームページ講習会を実施しました。(事務局)
2017.08.30
2018年度 SAJ準指導員養成講習会説明会の日時・場所決定(左上枠参照)(強化教育部)
2017.02.10
2017デモ講習会の様子を掲載しました(指導研修部)
2016.11.01
石狩スキーSAT事業のあり方を考える関係者懇談会(北海道スキー指導者協会広報誌「シュプール」より)を掲載しました。
2017.01.23
2017冬季会員研修会の様子を掲載しました(指導研修部)
2016.10.10
2017年度 指導員 準指導員養成講習会 説明会<強化教育部>
2016.09.21
H29年度 SAJ準指導員養成講習会説明会・北海道スキー技術選手権大会・SKIのための脳&カラダ活性化エクササイズ について掲載しました!<強化教育部>
2016.03.17
◎2016ニセコスキーツアーの様子を紹介します!(指導研修部)
2016.02.21
◎2016ニセコスキーツアーの詳細と申込方法について掲載しました。(指導研修部)
2016.02.21
◎女性シニア講習会が行われました。(指導研修部)
2016.01.31
◎技術選応援に行ってきました。井山選手決勝大回り動画掲載。
2016.01.01
◎SAT稼働一覧を掲載しました。
2015.07.14
◎広報紙2015シーズン『Snowmonterey+1』 2号を掲載しました。
2015.07.14
◎広報紙2015シーズン『Snowmonterey+1』 1号を掲載しました。
2015.03.03
◎3月15日(日)に実施された「ニセコスキーツアー」の様子を掲載しました。指導研修部の子ページをご覧ください。(指導研修部)
2015.02.12
◎「2015デモ講習」の様子を、掲載しました。(指導研修部)
2015.02.12
◎「SAT(学校のスキー学習支援)事業の様子を、紹介しました。
2015.02.03
◎「第52回北海道スキー技術選手権大会兼第52回全日本スキー技術選手権大会北海道予選」の応援に行ってきました。(指導研修部)

井山デモ 地元開催の全日本技術選で準優勝。本連盟も応援に


北海道・ルスツリゾート第54回全日本スキー技術選手権大会が行われ、本連盟所属の井山敬介選手が、丸山貴雄選手との接戦を繰り広げて、準優勝というすばらしい成績を収めました。井山選手は、過去3度優勝という実力を今大会でも遺憾なく発揮し、小回り整地、大回り整地の種目別1位をはじめ、全種目ですばらしい滑りを見せてくれました。


本連盟では、指導研修部がバスツアーを企画し、盛大な応援を繰り広げました。大会での井山選手の滑りを目の当たりにして、連盟の講習の際に詳しく説明していただいた「シチュエーションに応じたポジション」の重要さを認識することができました。(2月12日)

SAT事業が終了しました。ご協力ありがとうございました。


 雪国の子どもたちに、安全で楽しいスキーを経験してもらうことを目的に、石狩スキー連盟では、石狩市教育委員会と連携して、スクール・アシスタント・ティーチャー・SATに取り組み、市内各学校へ指導者を派遣しています。この取り組みは2007年度に始まり、この冬で10年目を迎えました。
 今年も、延べ103名の指導員を市内各学校のスキー学習に派遣することができました。昨年7月に。学校、市教委と連盟の懇談会を実施して、より望ましいSATの在り方を話し合うことができたため、円滑な運営を行うことができ、好評でした。
 ご協力いただいた会員の皆様、本当にありがとうございました。

井山敬介・・・第54回北海道スキー技術選手権大会で優勝!!


さる1月27日からルスツリゾートにて開催された技術選手権大会は我が石狩から12人の選手が参加して大活躍・大躍進しました。
井山 敬介選手は2位の武田 竜選手に13点の大差をつけて優勝!3月の全日本大会に弾みをつけました。また少年男子の部では福岡 義隆選手が優勝、一般男子の部でも38位に入る健闘ぶりでした。他にも64位の加藤 宏規選手は10年振りの出場にも関わらず全くブランクを感じさせない滑りを披露、79位の伊藤 健太選手、87位の出倉 敏明選手の2人も久しぶりの出場で決勝進出、新鋭の岡崎 宜紀選手94位、小回り・タイガー決勝で転倒しながらも最後まで滑りきった大山 和俊選手は106位。惜しくも予選で決勝進出ならなかった158位若林 つとむ選手、205位の柿野 凌選手も来シーズンに向けて早くも始動してます。
女子は右脚の怪我が最後まで影響した関 仁美選手は25位、期待の新人 道心 絢選手は26位、伊藤 亜実選手は28位と3選手共に残念ながら全日本の切符は手にする事が出来ませんでした。道心 絢選手は3月の岩岳学生選手権大会での活躍を期待してます。

井山敬介選手へ!佐々木会長から激励金の授与

2月25日(土)、ばんけいスキー場にて3月8日~12日にルスツ・リゾートスキー場にて開催される第54回全日本スキー技術選手権大会に出場する井山敬介選手へ、佐々木会長より激励金の授与が行われました。
21年振りに北海道で開催される全日本スキー技術選手権大会での井山選手の活躍と、総合優勝を祈念して!石狩スキー連盟の総意を結集して皆様の応援とご声援をよろしくお願いいたします。
強化教育部副部長兼技術選監督
三上晃広


第44回全国学生岩岳スキー大会 速報

道心 絢選手 女子総合第6位


   2月26日から3月3日の間、全国の大学スキー部が参加する第44回全国学生岩岳スキー大会が開催され、我が石狩スキー連盟所属で北海道大学基礎スキー部所属の道心 絢選手が女子基礎スキーの部203人参加者の中、決勝戦に進出して女子総合第6位の快挙を成し遂げました!
   まだ20歳の伸び盛りの道心選手の今後に期待して皆様の応援をよろしくお願いします。
(道心 絢選手のコメント)
   昨年までは北大基礎スキー部の所属から、石狩スキー連盟所属という大きな看板を背負う責任を感じながら岩岳で頑張る事が出来ました!今後とも応援よろしくお願いします!!
(文責 強化教育部 副部長 三上 晃広)

本連盟所属の井山敬介ナショナルデモを迎え

2016-17シーズン初滑り会

2016年12月23日(金)   テイネオリンピア
 本連盟所属の井山敬介ナショナルデモをお迎えし、恒例の初滑り会を開催しました。
 約20名が参加しました。井山デモからはスキージャーナル最新号で示された「シチュエーションに応じたポジション」についてていねいな解説があり、それを技術選に生かすために実践されている秘密のポイントを伝授していただくことができました。




井山デモ レギュラー出演 LOVE SKI HOKKAIDO の紹介


 「LOVE SKI HOKKAIDO」は北海道のスキー場を舞台に日本のトップスキーヤーが出演し、テレビ北海道で放送されるテレビ番組。12月12日(土)から4月2日(土)までの期間、毎週土曜深夜2時35分から放送されています。
 本連盟所属の井山敬介ナショナルデモはじめ、4連続オリンピック代表に選ばれた佐々木明氏、連盟30周年記念講演をしていただいたビッグマウンテンスキーヤー児玉毅氏の3名がレギュラー出演。伝説のスキー番組「SKI NOW」を超える番組を目指し、スキーの多面的な魅力を発信しています。
 全スキーヤー、特に石狩連盟会員必見の番組です。みんなで応援しましょう。(写真は番組宣伝ポスター)
 
.